--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.19

魍魎の匣

試写会に行ってきました♪

登場人物が多く、しかも豪華なキャスティングなので、それにキョロキョロしているうちに、
いつの間にかグーッっとストーリーに取り込まれてしまいました。
映画はだいたいストーリーの展開を予想し、謎解きをしながら見ていくのですが、
これは展開がスピーディで私ののんびりとした謎解きでは追いつかず・・・。

戦後すぐの「昭和」が舞台でしたが、時代はあまり感じず、独特な雰囲気でした。
町並みは石造りの家などが多く「北京バイオリン」を彷彿とさせたのは、
撮影地が上海だからでしょうか。それもあの雰囲気を作り出す要因だったのかな。

登場人物が魅力的だったのもよかったです。
主役の人達の掛け合いが面白く、またこの人達に会いたいな、と思いました。
第1作の「姑獲鳥の夏」も見てしまおうかしら。

推理、トリック(ドラマ)、(笑える)小ネタが好きなダンナはきっと気に入るはず。
オススメしよ♪

それにしても、この映画があまりにも刺激的だったのか、
昨夜の夢見がすっごく悪かったです・・・。
クドカンも出てきたし。コワカッター。


魍魎新聞


魍魎の匣 オフィシャルサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://micanko.blog112.fc2.com/tb.php/41-d33d421b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。