--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.20

染付色絵の美展に行ってきました。

週末に駿府博物館で開催されている、染付・色絵の美展へ行ってきました。

初めての”やきもの”という世界だったので、少々不安だったのですが(予習もこの程度だったし^^;)
時代の変遷による変化や、各様式の特徴などの簡単な説明が付いていたので、
初心者ながらも「なるほどー」なんて納得してみることができました。

骨董とやきものでコーディネイトされた部屋が展示されていたのも、
「これらはどこにどうやって飾るの?」なんて思ってた初心者には嬉しい展示でした。
ディスプレイされている部屋の雰囲気は落ち着きながらも緊張感があり、
間違ってもこの部屋で横になってスナック菓子を食べながら漫画なんて読めない感じです。
スタッフの人の説明によると、文机は徳川慶喜のお父さんのものだとか。
(そういえば、「最後の将軍(司馬遼太郎)」読みかけです・・・)

染付は図柄もさることながら、濃淡も美しく感心しました。
また瑠璃釉というんでしょうか?
絵は描かれていないのですが、瑠璃色一色のもの。
とても色がきれいで、思わず「ほしい」と呟いてしまいました。
古いものでなくていいので、あの色はいつか・・・!

ちなみに、ダンナの好みは鍋島だったそうです。
江戸後期のものしか置いてなかったのですが、係りの人が隣の人に話しているのを聞いたところ、
前期のものはサラリーマンには手が出せない、とおっしゃってました。
見てみたいぞ!前期の鍋島!

博物館を出た後、
「さー、熱が冷めないうちに本屋へ行こう!」とダンナ。
「やきものの見方・楽しみ方」という本を買ってきました。
一度本物を見ると、この企画展に行く前よりも断然実感を持って読めますね。

新しい世界が広がった気がしました。
有田に行きたいなぁ。

      染付色絵の美展



にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://micanko.blog112.fc2.com/tb.php/38-a46756f9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。