--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.16

枝豆収穫!

もう少し大きくなるのかな?と思っていた枝豆。
待てども大きくなる気配なく、むしろ黄色く枯れて痩せてきてしまったので、
収穫することにしました。

       枝豆の収穫直前


5株から収穫できた実はこちら↓。
少なっ。

枝豆収穫

色が悪いですが、これは写真のせいではありません(泣)
実物もこんな感じでした。

普段スーパーで買ってきたものに混ざっていたら、捨ててしまうのではないか?
というくらい色の悪い豆も大事に茹でていただきました。
味はなかなか美味!・・・やっと美味しいと言えます。
(贔屓目にも美味しいと言えなかったキュウリはコチラ

この生育の悪さの原因は日当たりではないかと思っています。
我が家から義実家(地植え)に里子に出した苗からは、
たくさんの枝豆が収穫できたそうです。
一方、同じ苗でもベランダで育てた友人は、実が小さいうちに枯れてしまったとか。
きゅうりもトマトも枝豆もすべて同じプランターに植えたそうなので、
背の高い野菜の影になってしまったのでしょう。

彼女のお宅はキュウリも1本/1株しか収穫できなかったそうです。
苗をあげた責任を感じ(色々揃えさせちゃったわけだし。)、悪かったかな、と思っていたら、
「生育中は毎日楽しめたし、何より食べ物や環境に対する意識が変わった!」
と言ってくれました。

やっぱり実際に手を動かしてみるって大事なことなんですね。
初めての野菜作り、私も友人も改めて食を見直す機会となったようです^^

・・・って、終わった訳ではありません!
美味しい野菜作りへの道はまだまだ続く・・・。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://micanko.blog112.fc2.com/tb.php/171-1607dc3d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
自分で育てて収穫した作物は美味しいですね。

ビールのお味が一段と良かったことでしょうね。

まだまだ続く野菜作り、インゲンなどはいかがですか。
Posted by aioまま at 2008.07.16 17:57 | 編集
私も、大粒の黒大豆を、30粒ほど植えて、4キロ収穫したことがあります。味は極上でした。ビニールハウスだったので、虫も湧かず、世話要らずでした。
 北海道大豆を一袋植えたときは、収穫をおこたり、何千とカメ虫を湧かしてしまいました。大失敗です。
 トマトやキュウリ、大葉にネギとシシトウは、近頃毎日とれます。とれたてのトマトは、肉厚でジューシーで甘みがありますね。
Posted by 地下水 at 2008.07.16 21:25 | 編集
はじめて自分で作った野菜は美味しいですよね。(*´∇`*)♪
いろいろ骨折って育てた野菜も、食べたらあっと言う間に終ってしまうんですよね・・
普段スーパーに売っている野菜の凄さが身にしみて、「ありがとう」って思います。
やっぱり地植えと違うのかな・・直接土だとけっこう簡単に出来ますよ!
実家の家庭菜園の話ですが。私は何もしてない。(笑)
ベランダの鉢は難しそうですね。
太陽が大事なのに、今年は梅雨もまだあけないし・・はっきりしないお天気が続きましたからね。
Posted by レイコ at 2008.07.17 00:35 | 編集
aioままさん

そうですね。
ビールと枝豆はまさにこの瞬間を待っていた!
という組み合わせでしたから^^

インゲンもいいですねぇ!
つるなしだったら、ベランダでも手軽にできそうです。
aioままさんは作ったことがありますか?
枝豆よりも育てやすいんでしょうか。


地下水さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

わぁ!羨ましい収穫の数々!!
毎日自家製の野菜を食べられるなんて、贅沢!
肉厚でジューシーなトマト!たまりませんっ。
4キロの大豆!・・・味噌が作れちゃいますねっ^^

やっぱりビニールハウスだと虫がつきにくいんですね。
私も畑とビニールハウスが欲しい・・・。


レイコさん

食べるのは一瞬ですよねぇ。
食べる時間に比べたら料理にはなんて時間がかかるんだろう!と
思っていましたが、野菜なんて、料理の比じゃないですからね(笑)
ほんと「ありがとう」です^^

地植えの方が簡単?なのは、根が深く張れるからですかねぇ。
畑が欲しくなってしまいます^^

早く梅雨明けて欲しいですね。
レイコさん宅の植物くん達へは影響はでていませんか?
Posted by micanko at 2008.07.17 15:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。