--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.11

シャガール展 色彩の詩人

GW前半、もう一つ美術館へ行ってきました。
県立美術館で開催されているシャガール展♪

マルク・シャガールは、ロシア(現ベラルーシ)出身のユダヤ人画家。

淡い色彩で幻想的な絵のイメージがあったのですが、
今回一番印象に残ったのは・・・

町の上空を恋人達が飛んでいる絵。(『街の上で』)

説明には、これはシャガールと婚約者で、
シャガールの誕生日に婚約者が花束を持って彼の部屋を訪れた時の絵だとありました。

なんて、素直なの!!
恋人がお祝いに来てくれたのが嬉しくて、二人で空飛んじゃうんですから。

いい意味で、絵ってこんな感じでいいんだ・・・って思え、
すぅっと肩の力が抜けた気がしました。

それからは、顔が青かろうが、絵全体が赤かろうが、
牛が飛んでいようが、なんか素直に見れたなぁ。

シャガール展

この展覧会、大壁画やタペストリーなど数も多く、かなり見応えがありました^^


■静岡県立美術館■
住所:静岡市駿河区谷田53-2
TEL:054-263-5755
開館時間:10時~17時30分(展示室への入室は17時まで)
観覧料(今回の企画):一般 1100円
              高校・大学生 70歳以上 500円
              小中学生は無料

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://micanko.blog112.fc2.com/tb.php/128-25893dd6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
シャガールは『誕生日』というキスをしながら2人が宙に浮いている絵が好きです。
写実的ではなくても、リアリティがあって「わかるわぁ」と思わされるとこが凄いと思います。
いつか、生で見てみたいです。
Posted by ウシバス at 2008.05.12 21:21 | 編集
ウシバスさん

誕生日という絵、見てみました。これも浮いてますね~^^
そうか、シャガールは絵にリアリティがあるんですね。
だから親近感をもって見ることができるのかなぁ。
この絵はMoMAにあるのかしら?想いが叶うといいですね。
私も一度は行ってみたい美術館です。
Posted by micanko at 2008.05.13 14:36 | 編集
ご訪問そしてコメントの書き込みをありがとうございました。
シャガール展に行ってこられたのですね。
岡崎では6月1日から展覧会がありますので、御地の次に回ってくるのだと思います。
わたしはシャガールが好きで、先日もシャガール・ブルーーの花のついた生地を買いましたのでそれを作って見に行こうと思っています。マニアウカナ~?
Posted by emiko3912 at 2008.05.13 19:43 | 編集
emiko3912さん

お返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
ずっと見落としてしまっていたみたいで、今気付きました。
ごめんなさい。

シャガールブルーの生地でお洋服ですか!?
ステキですね。
シャガール一色に染まって全身でシャガールの世界を感じてくることができそうです。
間に合うといいですね^^
Posted by micanko at 2008.05.20 16:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。