--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.08

芹沢介美術館 芹沢介の生活デザイン

グリムスに親子猿が~!!
昨日のエコバッグがキーワードだったのですね♪

さて、GWですが、
前半は自宅で過ごすことにしたので、
以前から気になっていた芹沢介美術館へ行ってきました。

芹沢介とは、静岡市出身の人間国宝だった染色家です。
今回の企画展は生活デザインということで、
生活小物など、彼のデザイナーとしての作品も多く展示してありました。

芹沢介の生活のデザイン

着物やのれんなどは、模様が斬新で色使いも大胆。
けれど、カレンダーやグリーティングカード、まっち箱などの小物類は、
手元に置いておきたい・・・と思うほど好みでした。

航空会社のパンフレットも50年も前のものでしたが、
今空港に置いておくのも、絶対にアリ!だと思います。

出口のお土産屋さんで、この種のカードや一筆箋でもないかしら・・・と
探したのですが、残念ながら渋めのデザインのものしか置いておらず。
種類を増やしてほしいなぁ。
若い観光客も多かったので、今回の展示会のモダンなデザインでグッズを出したら
売れると思うのですが(笑)

また、印象的だったのはこの建物の中にある坪庭です。
塀に囲まれた奥行きのある庭で、この時期は新緑が美しく、
ダンナはこの庭が見られる部屋のソファで昼寝してました・・・。


↓日曜・祝日は芹沢介が生前住んでいた家も見ることができます。
芹沢介の家

蒲田から移築したそうです。

室内は蒐集家でもあった彼の集めた工芸品が配されていました。
世界各地から集めたものであろうに、見事な統一感とセンスあるインテリア。
パンフレットに「蒐集、それはもう一つの創造」とあったのですが、頷けました。
一つ一つの家具、置物、布で新たな空間を創造するのですものね。

・・・しかし、高度だ。
せめて私にできるのは「これを置いたらどうなる?」って想像するくらいか。

登呂遺跡工事中

  ちなみに現在、
  隣の登呂遺跡は工事中。

  新博物館完成は平成22年とか。
  こちらも楽しみ♪




■静岡県立芹沢介美術館■
住所:静岡市駿河区登呂5-10-5
TEL:054-282-5522
開館時間:9:00 ~ 16:30
入館料:大人410円 学生250円 中学生以下無料
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://micanko.blog112.fc2.com/tb.php/127-b7dd43f3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは。!グリムスに猿!
すごーい!ワードに反応するんですね。私も頑張ってみます。

最近、中居のバイトを初めて『和』に興味が♪
和柄ってステキですね♪
Posted by lay at 2008.05.08 11:31 | 編集
洗練された作品は見る人の心を豊かにし感性を磨くことができますね。
いいGWを過ごされましたね。
Posted by aioまま at 2008.05.08 16:57 | 編集
こんばんは~~^^

とっても素敵なGWの過ごされかたをしたんですね~~☆
こちらの芹沢介という方・・・・初めて聞きました 
生活に密着したデザインをされた方なんですね~♪
なんだか、興味津々です!
身近に使うものって・・・やっぱり心地の良いデザインのものが、良いですよね☆

また、遊びに来ま~~す!


Posted by ウシ子 at 2008.05.09 00:48 | 編集
芹沢介氏はご存知でありませんでした(⌒_⌒;
静岡県にはそんな素晴らしい方がいたんですね!
家がいまだに残ってるのもすごいです!
ここって入場料はいくらなんですか?
Posted by なり×なり at 2008.05.09 01:40 | 編集
layさん

なかなかエコ記事を書かないので、初出現でしたが、
猿以外にどんなものが出現するのか気になります^^

和柄もいいですよねぇ!
私も最近、興味が和ものに傾いてきています。
仲居さんということは、着物を着てお仕事されているのでしょうか?
羨ましい^^


aioままさん

こんな美術ど素人の私にも、ガツンと伝わってくるものがある。
芸術家ってすごいですよね。

aioままさんのコメントを読んで、
ふと、心が豊かになるってどういうことだろう?と思いました。
実感として感じたことがないかもしれません。
まだまだ修行が必要なようです^^


ウシ子さん

身の回りの物はお気に入りのデザインにこだわりたいですよね。
気分まで違ってきますものね^^

芹沢介は、私も静岡に来るまで知りませんでした。
でも、作品を見ると初めて見る気がしません。
なんだか懐かしいものばかりなんです。
よろしければ注目してみてください^^


なり×なりさん

1984年に亡くなった方の家なので、割と新しいのですが、
故郷で家を引き取ってくれるなんて、すごいですよね。
愛されていたのが分かります。
入場料は410円です。意外とリーズナブル♪
(美術館の詳細情報、追加しておきます。)

Posted by micanko at 2008.05.09 10:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。