--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.22

砥部焼き

夜に続いて、朝も道後温泉本館で一風呂。
2階のこじんまりとした浴槽と浴衣でくつろげる霊の湯のチケットを買いました。

         道後温泉


夏目漱石もここでくつろいだのねぇ・・・なんて明治の建築物をじっくり鑑賞していて、
ふと、時計を見たら9時14分。

ぎゃ。砥部焼きの窯元さんに10時に見学の予約をしていたはず。

急いでチェックアウトをして、砥部へ。
なんか毎日車を飛ばしている気が・・・。

手元の雑誌「和の器」によると、
砥部焼きは、220年前に砥石の残りくずを原料として作り出したのが始まりだそうです。
日常使いのための丈夫さとシンプルな柄が特徴的、とのこと。

中田窯への道のり

   山道をひた走り・・・

   2軒の窯元へ伺いました。



買ったのはこちら。
中田窯のミニそば猪口

左は吊るし柿(正式名は?)、右は釉裏紅梅文。

釉裏紅といって、酸化銅で下絵付けしているので、上絵付けのものと違って
磨耗で取れることがないんだそうです。

ミニそば猪口と小皿
  ミニお猪口と小皿でカップ&
  ソーサーのようにしようと
  思ったのですが、
  小皿の淵が意外と深くて、
  ビミョウ・・・


洋でもいけそうな吊るし柿と純和風な梅文。
気に入ったのを買ったのだけれど、統一性がないなぁ(笑)

↓これは、ダンナのお気に入り。
呉須赤波文という文様だそうですが、気持ちのいい柄です。
岡田陶房の珈琲碗皿

お揃いのコーヒーカップが売られていたのだけれど、
どうしてもミニお猪口で欲しかったので、購入を見送りました。
しかし、この文様のミニお猪口、果たして作られているんだろうか??

窯元さんがおっしゃるには、作る器はどんどん変わっていくそうです。
つまり、「以前買ったこれが欲しいのですが・・・」と言ってももう作っていないこともある、
ということ。
陶芸コレクションもタイミングが難しそうです。


今回、道後温泉にしか行けなかった松山。
ここには近いうちにまた行くような気がします。


道後製陶社 旅時間
砥部陶芸館
中田窯
岡田陶房

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://micanko.blog112.fc2.com/tb.php/117-326d5960
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
陶芸家の方の作品って味があっていいですよね。
文様もとってもステキですね。o(*^▽^*)o~♪
私、陶芸教室に行きたいのですが、なかなか踏ん切りがつきません。
と、言うのも月謝が8000円。ちょっと高い・・・

小学校の時、陶芸部でした。渋い・・(^▽^;)
何故か釜が学校にあって焼いてました。(笑)
また、やりたいなぁ・・
Posted by レイコ at 2008.04.23 02:38 | 編集
レイコさん

小学校に陶芸部とは、面白い学校ですね^^
三島って、陶芸が盛んなのでしょうか?
あ、三島手??

陶芸教室、いいですね!
私も昔、体験で作ったことがありますが、
ビアマグを作ったつもりが、あまりの厚みにペン立てになりました^^;
薄くするのって難しい。
レイコさんは器用ですから、きっとステキなものができそう。
・・・でも確かに8000円はネックだわ。

Posted by micanko at 2008.04.23 10:16 | 編集
micankoさん、こんにちは。
四国への旅、満喫できたようで嬉しいです~♪
さっそく砥部焼拝見しに遊びにきました。

紹介されている器も砥部焼らしいですよ。
カップ&ソーサーというよりも、
別々にしっかりと役割を果たしてくれる器になりそうですねっ。
手になじんで重宝な食器の一つになればうれしいです。
・・なんて、まるで小太郎が作ったような~!!

呉須と赤の絵柄の器、小太郎も一つ持ってます。
とっても粋で大好きなのだけど
形のせいで少し登場の機会が少ないのが残念。

中田窯さん、
砥部焼まつりでもランプシェードをたくさん出品してました。
岡田陶房さんの器とわんこにも興味津津です。

遅くなりましたが・・・
よかったら小太郎のブログのゲストブックに登録しませんか?
左欄のブックマークに常設しています。
Posted by 小太郎 at 2008.04.28 13:45 | 編集
小太郎さん

砥部焼きというと呉須唐草のイメージがあったのですが、こういうのもあるんですね。
蕎麦猪口は早速、蕎麦はもちろん、デザートの器としても大活躍しています^^
当初の思惑とは違ってしまったけれど、うまく使いこなしたいです。
そして、小太郎さんが愛用されているようなポッテリとした呉須のお皿も欲しい!
・・・すっかり、砥部焼きに魅せられてしまいました^^

中田窯さんは、一緒に行った友人が大ファンなのです♪
ランプシェードは窯元にも少し置いてありましたが、素敵でした。
お祭りに行けたら、たくさん見れたのですねぇ。

ゲストブックへのお誘い、ありがとうございます!
後で伺わせてください^^
Posted by micanko at 2008.04.28 17:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。