--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.30

恋空

映画「恋空」の試写会に行ってきました。
原作がケータイ小説というだけあって、やはり会場は制服姿の女子高生が多く、
ダンナは居心地が悪そうでした。

内容は、予告から想像できる全くその通りの展開で、ストーリーに目新しさはありません。
が、私は不覚にも泣かされました。
それは、たぶんこの映画がとても少女漫画的だったから・・・。
主人公の男の子にしても、後半随所に散りばめられている泣きのツボが
昔の少女漫画を彷彿とさせるのです。

ダンナは、「要は、自分がこんなに愛されてて感動。ってことに自分を重ねてるんだろう?」
と冷ややかに分析していましたが、
いくら先の展開が読めてしまっても、納得のいかないことがあっても、
主人公の喜怒哀楽を共感して体感するのが、少女漫画の読み方なのです!

それにしても、新垣結衣ちゃんが爽やかで可愛かったです。

恋空


恋空 オフィシャルサイト

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://micanko.blog112.fc2.com/tb.php/11-f2b652de
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。