--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.30

トマト収穫真っ最中

とうとう我が家でもミニトマトの収穫が始まりました!
青いトマトが、オレンジ色・・・真っ赤・・・と色を変えていく様子を
毎日観察していたのですが、収穫することも日課となりました。

た、たのしい。

布きんの上に広げてみたら、
コロっとしていて、つやつやと光るこの子たちが
宝石のように見えてきました。
うっとり。(←↑バカ。)
ミニトマトの収穫始まり2008

そして実験。
水に沈めてみました。
沈むと実が詰まっていて、美味しいトマトなんですって。
・・・どうかな。

   トマトが沈んだ

沈んだ!!

        トマトが沈んだ2

沈んだー!!

食べてみたところ、大成功!
しっかり色付くまで枝にならせていたので、
甘く出来上がっていました。でも、ちょっと皮が固いかな。
むぅー、皮の固さは収穫が遅かったからでしょうか。
完熟を欲張ってはダメなんですね。

でも、嬉しい。
来年もミニトマトは植えることにしよう♪


スポンサーサイト

2008.07.29

柿田川湧水群

三島近辺の観光地、色々迷ったのですが、
三島の名水の源、柿田川湧水群へ行くことにしました。

いつも渋滞しているであろう国道1号線を一歩入るとこの世界!!

柿田川湧水群

富士山周辺に降った雨水や雪解け水が、ここに湧き出てくるそうです。
その量、1日100万トン。
日本一だそうですが、ちょっと想像かつきません・・・^^;

柿田川湧水群湧水

 写真では見にくいのですが、
 川底からブクブクと湧き出している
 のを見ることができます。



柿田川湧水群川底

見よ!
この透明度!
この青さ!

ちょっと引き込まれてしまい
そうな色です。



とても暑い日でしたが、木々の中を通り抜ける風、
川の流れる音、水の滴る音がとても涼やかで心地よかったです。

家族連れで水遊びをしている姿も見られました。
大人も子供もビチャビチャと、気持ちよさそうー!
私も近所に住んでいたら、通うのになぁ。

柿田川湧水群看板


静岡県駿東郡清水町 柿田川湧水群


2008.07.25

三嶋大社

伊豆国一の宮は三嶋大社です。

三島といえば、うなぎ。
腹ごしらえ、腹ごしらえ。

高田屋のうな丼
和食 蒲焼き 高田屋さんに入りました。
ふっくら蒸しあがった蒲焼、好きだなぁ。
そして、何よりセットで1800円は安い!

さて、三嶋大社です。
三嶋大社

拝殿(写真後ろ)が出雲大社とともに国内最大級だそうです。

ご祭神は山の神様でもあるので、家庭菜園がうまくいくよう、
ばっちりお願い ^^v

三嶋大社の金木犀
 樹齢1200年といわれる金木犀。
 特別天然記念物で、
 今でも花をつけるそうです。
 
 はぁ、想像をはるかに超える
 年月・・・


三嶋大社腰掛石
源頼朝は、ここで旗揚げをしたんですね。碑とともに、腰掛石が残っていました。

大きい方に頼朝が、
小さい方に北条政子が
腰掛けたそうです。



そういえば、春に行った愛媛の大山祇神社は三島神社の総本社ですが、
ここも源氏と縁が深かったなぁ。なんて思いながら、
三嶋大社を後にしました。


ちなみに。

伊豆国二の宮

 近くにあったので
 ついでに寄ってみた
 伊豆二の宮、浅間神社。




伊豆国三の宮

そして
伊豆三の宮、楊原(やなぎはら)神社。

一の宮の三嶋大社に比べると
ずいぶんこじんまり。





2008.07.24

富士山本宮浅間大社

神社巡りが好きです。
(じ、じみ?今ならパワースポットと言うべき?)

私は子供の頃から歴史が好きだったので、神社仏閣、城も大好き!でした。
鎌倉へも子供同士で遊びに行ってしまうくらい。

一方ダンナは、全く興味ナシ。
歴史といえば、「三国志、よくやったよ~。」って。(ゲームかよっ!)

・・・という人だったのですが、
長い付き合いの中、私に旅行で散々連れまわされていくうちに変わりました。

男の人がそうなのか、うちのダンナがそうなのか、ハマるととことん追求。
今では私が解説を受けることも少なくありません。
嬉しいような、悔しいような。

なぜ、こんなカミングアウトから始まったのかというと、
三連休最終日は、駿河国、伊豆国の一の宮巡りだったのでした^^;


まずは駿河国一の宮「富士山本宮浅間大社」です。
富士山のお膝元、富士宮市にあります。
富士山本宮浅間大社
全国にある浅間神社の総本宮。
さすがに立派です。
現在の建物は徳川家康が寄進したものだとか。

蜃

 灯篭の上には蜃(しん)!

 この蜃とは、想像上の生物ですが、
 吐く息のことを、蜃気楼と言ったそう
 です。


登山杖
富士山をご神体とし、
奥宮を山頂にもつ神社ですから、
登山杖も売っています。

昔の人は、
神社脇の富士山登山道を
ずっと歩いて行ったのでしょう。


沸玉池 
 富士山の湧き水からなる池は、
 とても水が澄んでいました。

 この沸玉池で身を清めてから、
 登山する慣しになっているそう
 です。
 身が引き締まりそうな冷たさ。


この日は曇っていて、富士山が見えなかったのが残念でした。
でも、沸き水を通してこの地域が富士山と身近にあることを実感。
子供たちが池で遊んでいるのを横目でみつつ、次は伊豆国へ。

       富士山御霊水

富士山本宮浅間大社

2008.07.23

鑑真和上展

ガソリン高騰中の夏休み、世間的にも遠出を控える方が多かったようですが、
我が家もこの3連休は県内で過ごしました。

中日の日曜日、その日は買い物程度でダラダラと過ごしていたのですが、
新聞の広告が目にとまり、夕方から県立美術館へ!
8月31日まで、「鑑真和上展」をやっているのです。

鑑真和上パンフ

鑑真和上坐像がある唐招提寺は、
現在金堂が創建(759年)以来の解体修理中だそうで、
その間、中の仏さま達が全国を回られているそうです。

入り口を入るとすぐに国宝である、梵天、帝釈天、四天王の立像4躯に迎えられました。
美術館で仏像を見るのは、お寺で見る時とは明らかに印象が違うとは思いますが、
悪くありません。
ライトを浴びて、くっきりとそこに浮かびあがる姿は、
信仰対象でありながら芸術品であることを認識させられます。

鑑真和上坐像は、中ほどの部屋にありました。
静かに、まるで本当にそこに座っていらっしゃるかのように。

この坐像は日本最古の肖像彫刻だそうです。
情報番組で、唐招提寺では横からのお姿は拝見できない、と放送されていました。
横に回ってゆっくりと鑑賞。小柄で優しいお顔です。
睫毛まで描かれている、ということでしたが照明が暗くて、確認できませんでした。

像に向かって手を合わせている方がいましたが、
自然とそういう気にさせてしまうような不思議な雰囲気、存在感がありました。

鑑真は遣唐使によって日本に来ることを頼まれ、
周囲の反対や難破という5度の失敗を経て、6度目でやっと来日し、
日本の仏教に多大なる影響を与えたそうです。

何が彼にそうさせたのか。
やはり信念でしょうか。

県立美術館の蓮

■静岡県立美術館■
住所:静岡市駿河区谷田53-2
TEL:054-263-5755
開館時間:10時~17時30分(展示室への入室は17時まで)
観覧料(今回の企画):一般 1200円
              高校・大学生 70歳以上 600円
              小中学生は無料



2008.07.22

韓国の梅茶とダシの素

学校のクラスメイト(←懐かしい響き!)に頂きました。
韓国のインスタント梅茶とだしの素。

韓国の梅茶とだしの素

韓国に留学経験のある彼女のお勧め品だから、美味しいに違いないとは思っていましたが、
まさにアタリ!

梅茶は最初酸っぱく感じましたが、飲むほど癖になる・・・。
梅の香りはあまりしませんので、インスタントレモンティーの酸味を強くした感じです。

以前柚子茶(柚子ジャムをお湯に溶かして飲む韓国のお茶)に
ハマったことがあったのですが、梅バージョンもあったのですね。
韓国からジャムを瓶で買ってくるのは相当重いですから、
このインスタントはお土産にはピッタリ♪

一方ダシの素では、彼女のレシピ通りにワカメスープを作ってみました。

わかめスープ 【韓国のワカメスープレシピ】
 ①ワカメをごま油で炒める。
 ②水とだしの素を入れる。
 ③沸いてきたら、ネギとゴマを入れる。

 書く程のこともなかったくらいの簡単さ。
 ワカメをごま油で炒めるのが本場流
 なんですね。

まさにお店の味!でした。
ちなみにだしの味は甘めで、塩辛さは低め。
ダンナは海鮮系のだしのようだ・・・と言っておりましたが、私には分かりませんでした。

今度韓国に行ったら、お土産はこれだなー♪



Posted at 15:06 | 頂きもの | COM(5) | TB(0) |
2008.07.18

虫退治

プチトマトが赤くなり始めました。
やったー!
色づき始めたぷちトマト

さて、今日は虫退治の話です。
気持ち悪い写真などはありませんが、
虫がNGな方はスクロールしませんよう、ご注意ください。



最近、大葉の穴の空き具合が激しいので気になっていました。

喰われた大葉

でも、虫は見当たらなかったので放置していたのです。

が、発見してしまいました。
あまりの大きさにベランダで一人、「ひぃっ」っと声をあげてしまうくらいのヤツを。

イモムシ

気持ち悪いので引き気味ショットですが、明らかにイモムシです。
どこから来たんでしょう?
ダンナ出勤後のため、私が退治しなくてはなりません(泣)

そうだ、割り箸でつまんで捨てよう・・・・と探すも、割り箸発見できず。
エコを気取って、コンビニで割り箸を断っていたことが裏目に出ました。
この際、プラスチックのフォーク(ダンナがもらってきてしまったやつ)でいいか、
とコロっとのせて、ビニールに入れ、さっとゴミ収集所へ出してきました。
ゴミの日でよかった(泣)

勇気を出して害虫勢ぞろいのHPで探してみたところ、
ヨトウムシというイモムシのようです。
夜盗虫という名のとおり、夜活動するらしい。
葉裏に卵を産み付けるらしいのですが、気付かないうちにやられていたんでしょうか。
くやしー。

マメに下からチェックします。
そして、割り箸も菜園用に1本置いておきます。


2008.07.16

枝豆収穫!

もう少し大きくなるのかな?と思っていた枝豆。
待てども大きくなる気配なく、むしろ黄色く枯れて痩せてきてしまったので、
収穫することにしました。

       枝豆の収穫直前


5株から収穫できた実はこちら↓。
少なっ。

枝豆収穫

色が悪いですが、これは写真のせいではありません(泣)
実物もこんな感じでした。

普段スーパーで買ってきたものに混ざっていたら、捨ててしまうのではないか?
というくらい色の悪い豆も大事に茹でていただきました。
味はなかなか美味!・・・やっと美味しいと言えます。
(贔屓目にも美味しいと言えなかったキュウリはコチラ

この生育の悪さの原因は日当たりではないかと思っています。
我が家から義実家(地植え)に里子に出した苗からは、
たくさんの枝豆が収穫できたそうです。
一方、同じ苗でもベランダで育てた友人は、実が小さいうちに枯れてしまったとか。
きゅうりもトマトも枝豆もすべて同じプランターに植えたそうなので、
背の高い野菜の影になってしまったのでしょう。

彼女のお宅はキュウリも1本/1株しか収穫できなかったそうです。
苗をあげた責任を感じ(色々揃えさせちゃったわけだし。)、悪かったかな、と思っていたら、
「生育中は毎日楽しめたし、何より食べ物や環境に対する意識が変わった!」
と言ってくれました。

やっぱり実際に手を動かしてみるって大事なことなんですね。
初めての野菜作り、私も友人も改めて食を見直す機会となったようです^^

・・・って、終わった訳ではありません!
美味しい野菜作りへの道はまだまだ続く・・・。


2008.07.15

駿府ガーデン美術館 風花

日曜日に義実家へ向かう途中、
すんぷ夢ひろば内にある、すんぷガーデン美術館へ寄りました。

この庭園美術館は今年の6月14日にオープン。
石原和幸氏がチェルシーフラワーショーで受賞した全作品が観られる・・・
ということがウリの美術館です。
(チェルシーフラワーショーとは、英国で行われる世界規模のガーデニングイベント。)
恐れ多くも、我が家のベランダ作りの参考になるかしら!と行って来ました。

          すんぷガーデン美術館扉

入り口を入るとすぐに作品です。
水苔で覆われた壁と扉は、計算されつくした草花が植わっているのでしょうが、
そんな計算は感じさせず、まるでジブリの世界のよう!自然です。
風鈴も涼しげ。

屋外に4点の受賞作品が展示してありました。
それぞれ和テイストの独特な空間です。壁面緑化っていいですね。

すんぷガーデン美術館1
 こちらは、建物の入り口。

 和建築のお家だったら、
 こんな大胆な寄せ植えも素敵。




すんぷガーデン美術館2

館内には小川が流れていました!




すんぷガーデン美術館3

  盆栽もモダンな空間に。

  この松、すごい曲がってます。
  どうやって作るのでしょう?



館内はさほど広くありませんが、
このほかも和テイストの作品が多く展示されていました。
盆栽で作り出すアートな空間といった感じでしょうか?

すんぷガーデン美術館5

私が気になったのは、この苔玉。
これを使った作品がいくつかありました。

苔玉の上から草や花が伸びているのですが、
普通に土に植わっているよりもデザイン性があって、ちょっと面白い。

自分でも作れるのかな。




一通り見終わって、ガーデニングの参考にはなりませんでしたが^^;、
壁面緑化と苔玉の魅力を知りました。
ダンナは部屋の中に紅葉を置きたい・・・と言っています。
(前から言っていたのですが、今日館内の立派な紅葉を見て、やっぱり欲しいと確信したらしい。どこに置くんだか!)

また、石原氏の洋テイストの作品も見てみたいと思いました。
ぜひ敷地を広げて洋テイストの散歩道のようなものを作ってほしい!

すんぷガーデン美術館入り口


■すんぷ夢ひろば■
住所:静岡市駿河区古宿294 
TEL:054-237-4126

すんぷガーデン美術館 風花
  営業時間:10:00 ~ 18:00
  入場料:大人500円 小中学生250円



2008.07.14

迎え盆

日曜日、義実家のお墓参りに行ってきました。
迎え盆です。

こちらの地方では、夕方、お墓の前でたいまつを焚き、
ご先祖さまの霊が迷わずに帰って来られるよう、帰ってきたら家の前でも焚きます。

        迎え盆たいまつ

夕方お寺に向かうと、墓地にはおじいさん、おばあさんから小さな子供まで
たくさんの人が集まってきていました。

そして、「おひさしぶりです。」「いやぁ、こんなに大きくなって!」と繰り広げられる世間話。
私も「嫁です。」なんて紹介されたりして。

私の実家は、祖父母とは同居しておらず、
お墓も遠いこともあってお盆にお墓参りをすることは、
ほとんどありませんでした。
もちろん、玄関で火を焚くことも胡瓜と茄子を飾ることもなく。
なので、こういう慣習はとても新鮮です。

子供の頃からお墓に手をあわせて育つっていいなぁ。
数えるくらいしかお墓参りにしか行ったことのない私なんかとは、
きっと違う感性が育つに違いない。
・・・ダンナ?・・・きっと豊かな感性に違いない^^;

そして、地域や親戚の繋がりが密だっていうのは、こういうことなのね。と実感しました。
生きている間も死んでからも、ずっとご近所さんなのですから!

お寺の入り口



Posted at 12:37 | 季節の行事 | COM(7) | TB(0) |
2008.07.11

苦手なんです

今や結婚式の引き出物に限らず、
あらゆるシーンの贈り物として登場するカタログギフト。

これ、苦手なんです。

カタログギフト

たくさんの商品を見ていると、すっごくワクワクして楽しいです。
候補の商品のページに折り目なんて付けちゃったりして(笑)
でも、そこからすすまないんですよね。

お皿(特に陶器)は実物を見ないと質感が分からないわ。 とか
電化製品はスペックを調べてからじゃなくちゃ。 とか
どうみても、これは他商品に比べて安くない?(←セコッ)  とか

グチグチ考えて・・・

考えるのが面倒で4~5冊を放棄して、期限を切らしたこともあります。
(多少のオーバーはセーフでした^^;)

普段はそんなに優柔不断ではないのですが、
(レストランでのメニューはスパっと決める性質。)
これはどうも苦手!



Posted at 15:15 | ひとりごと | COM(7) | TB(0) |
2008.07.08

早く明けて・・・

化学肥料を買ってきました。

有機栽培、生ゴミで堆肥作り・・・もやりたかったんですけれど、
例えば市販の鶏糞。
鶏の餌のとうもろこしは安全なの?
農薬は?遺伝子組換えじゃないの?などと考えていたら進まなくなりました。
生ゴミとなるスーパーで買う野菜についても同じです。

・・・なんて。
尤もらしいこと言って。
本当は虫がイヤだったからです。すみません。

ベランダでミミズを飼う勇気がもてませんでした。
ただでさえ小さい虫が飛び回っているというのに、これ以上コバエを増やすこともしたくない。

で、結局住友液肥(永田農法)です。
永田農法セット

永田農法とは、水も肥料も最低限に抑えるスパルタ農法。
私は何年か前にほぼ日の連載で知ったのですが、その時はへぇ・・・程度でした。
まさか自分で野菜を作ることになるとは思っていませんでしたから。

今ある野菜たちには週1の液肥を、
本格的には秋蒔きの野菜から始めようと思います。


そして、化学肥料を急いで買わなくては・・・と思った理由は、
この子たちの元気のなさ。

ぐったりトマトとしそ


すかすかキュウリ

 うどんこ病で消毒した葉は
 どんどん枯れていき、
 そのたびに刈っていたら、
 こんなんなってしまいました。

 枝豆は実がたくさん付く前に
 枯れ始めた感が・・・。



早く梅雨が明けて欲しいんですけどっ!!

関東地方は、今年はすっきりとした日が多い梅雨だったと聞きました。
が、静岡は今年は THE 梅雨 で雨と曇りばかり。

気分だってどんよりしちゃう。
早く明けて!!!


2008.07.07

清水七夕まつり

日曜日、清水七夕まつりへ行ってきました。

ダンナはこのお祭りと清水港まつりには、小さい頃の思い出&思い入れがあるらしく、
面倒がらずに連れて行ってくれます。
(静岡まつりへは、渋々としか付き合ってくれない、故郷清水が大好きなダンナ(笑))

       清水七夕祭り2008

日本三大七夕祭りの一つを名乗っているだけあって、楽しい飾りがたくさん。
名乗っている・・・というのは、仙台、平塚に続いて色んな地域が
我こそは3つめ!と名乗りをあげているみたいなのです。
三大と言えば、観光客が増えるからか??

まぁ、三大かどうかはともかく、
家族連れや浴衣を着た小中学生が、屋台で買い物をしながら
ぷらぷらと歩いているのを見ると、やっぱり祭りは地元の人たちの物よねー、とも思う。

では、楽しい飾りを少しご紹介。
七夕祭りまるちゃん一家

 まるこ一家なんて、
 清水っぽい~^^

 おじいちゃんの片目が取れてしまっているのが
 痛々しかったけれど、
 来年開港する空港もちゃんとアピール。



七夕まつり千羽鶴

圧巻だった千羽鶴の飾り。

この写真だと見にくいのですが、
上の方に白い鶴で「平和」と
いう文字を描いています。



七夕まつりさめ

 東海大学の飾り。
 海洋学部らしい!



七夕まつりスーツ

 スーツが浮いてる(笑)
 洋品店ですかね?




今年の最優秀作品はこちらだそうです。
7年連続の受賞だとか。
キャラクターなどは手作り感溢れる、ゆるめな物が多い中、
このパンダの完成度の高さはさすが!
七夕まつり松永ふとん店

昨年に続いて、2回目の七夕まつり。
こうやって毎年出かけていくうちに、ダンナと同じように
思い入れを深めていくんだろうな・・・。
あの年のあそこの飾りはよかった!とか(笑)

七夕本番は今日ですね。
静岡はあいにくの雨・・・くもり・・・で、星は見えそうにありません。


2008.07.04

BRITA

我が家ではBRITAを愛用しています。

静岡って水が美味しいのかと思っていたのですが、どうもそうではないようで。
集合住宅だからでしょうか。
静岡市を流れる安倍川は全国で一番きれいな川だというのに・・・。

実家でも愛用していたのですが、水道水の臭みがとれて、まろやかになります。

       BRITA

冷蔵庫に入るスリムタイプもありますが、
料理にお茶に・・・と頻繁に温めて使用することを考えると、
常温で置いておいた方がいいのかな。と。

愛飲していたコントレックスにフードマイレージの観点からダンナにダメだしされてから、
飲み水もこれです。
水は常温で飲む方が好きなので、今までよりも飲むようになったかも。
(硬水は冷やさないと飲めない・・・。)

水割りもこれで全然問題なし!
客人へも、親しい友人の時はこれで出してしまう。

で、今回カートリッジの交換方法を確認するために
初めて公式HPを見たのですが、なんと

BRITA2このカレンダーダイヤルには、
 交換した日ではなく
 次の交換日を設定するらしい。

 知らなかった。
 そんなマニュアルがあったとは。

 ・・・と言いつつ、
 今日の日付をセット。

カートリッジの交換は2ヶ月毎なんですが、
3ヶ月は余裕な気もするんですものー。

え?危険?^^;

ちなみにBRITAとは、創業者の娘さんの名前だそうです。



2008.07.02

ダイエットのひみつ

先週の土曜日、
ダンナの会社の後輩と後輩夫婦が我が家に遊びに来ました。

ワインと手料理なんぞを振舞ってみたりして
よき妻( ´艸`)っぷりを演出。

お花も飾ってみたりして。
時間がなかったので、ブーケを買ってきてコップに入れただけです。
アレンジメントor華道も習ってみたいなぁ・・・。
ブーケ

で、で。
楽しく飲んでいた時のこと。

ダンナの後輩の一人がダンナに向かって
「そういえば、あれ奥さんに見せたんですか?」 と聞く。
「・・・まだ」とへらっと笑うダンナ。

なにーーっ!?
と、問い詰めたら健康診断の結果で、
基準値を超えて、医者にみてもらった項目があったとか。

早く持って帰って来なさーい!!と詰め寄り、
(成績表を見せない子供をもつ親ってこんな気分?(お母さん、ごめん(笑)))
やっと昨日見せてもらいました。

驚愕の結果 ・・・やばいです。

 γ-GTPという値が基準値(70)オーバー。
 肝機能ランクが医師診断レベル。

この数値は肝臓系のサインで、アルコールの摂り過ぎが主な原因らしいのですが、
この2年で8キロ太ったことも原因の一つじゃないか。と言われたらしい。

最近ダイエットを始めた理由はこれだったわけね。

ということなら、私も協力致しましょう。
再検査で正常値に戻るまで、禁酒。

冷蔵庫内の缶ビール、缶チューハイは、ワインの栓抜きと共に屋外の倉庫へ撤去。
倉庫の鍵は隠しました。

依存症なわけではないけれど、どうも結果を甘くみている節があるので、
これくらいして、本気度をアピールしないと。

ダンナの大好きな肉料理も量を減らしましょう。

よき妻とは、時に鬼嫁となること・・・

Posted at 16:34 | ひとりごと | COM(2) | TB(0) |
2008.07.01

6月のDVD 鑑賞記録

ポットから鉢への植え替えが遅かったからか、
水やりが足りなかったからか、
枯れてしまった山あじさいの在りし日の姿・・・。

来春復活してくれるかな・・・。

2008June

今月も出かけることが多くて、あまり見れず。

☆インディ・ジョーンズ魔宮の伝説 (On TV)
夫婦揃って未見だったこのシリーズ。
公開当時見ていたら、相当面白かっただろうねぇ。と。

☆ゲド戦記
原作を読んだことがないのに、
描ききれていないのが見えてしまって、残念。

☆ROME Season1
総制作費200億円以上、制作期間8年という超大作ドラマ!
カエサル暗殺まで見ましたが、人間ドラマとしても面白い。
イタリア(製作は米英だけど)の大河ドラマといった感じ?
登場人物は魅力的だし、当時の雰囲気を思いっきり堪能できるのは嬉しい。
「ローマ人の物語」を読み返して、知識を底上げしておこうー。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。