--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.29

兼業主婦になりました。

実は今週から働きに出ていまして、
バタバタとした1週間を送っていました。

今勉強している資格は来年の10月にならないと取得できないので、
それまで学費(と旅行代)でも稼ごう・・・と
今年の4月に派遣会社に登録。

色々とワガママな条件を言ったため、
こんなにかかってしまいました。

が、通勤は自転車で15分!!
(東京では満員電車に1時間揺られ通勤していたので、快適!)
残業も月10時間ほど!!
(この業界では珍しいー。)

お給料は微々たるものですが、
(学生時代のアルバイトの方が時給はよかった(笑))
今までの経験も生かせる分野ですし、まぁ、あと1年。
学生との二足のわらじ(主婦業いれたら、三足!)で
頑張ってみようと思います。

しばらくは、
平日にシーツを洗濯することも、
こんな夕方の空にかかる虹の写真を撮ることもお預け。

虹と家路を急ぐカラス

でも、生活にメリハリが付いたことは実感しています。


ブログもなるべく続けていきたいと思っていますので、
皆さま、これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

Posted at 17:22 | ひとりごと | COM(12) | TB(0) |
2008.11.12

盛り上がることは盛り上がった

日曜日、結婚式に出席してきました。

余興で演奏を頼まれていたので、土曜日から現地入り。
新郎が歌うことは新婦へのサプライズとはいえ、
カラオケボックスでの練習中に、新婦からかかってきた電話に
新郎が隣で「もうすぐ駅に着くよ。」なんて嘘をついているのは、
心苦しかった・・・。

肝心の演奏の方は、
友人たちに曲の終わりに前に出てきて、盛り上げてー!!
と頼んでおいたので、わぁーーっと賑やかになりました。
賑やかすぎて、譜面が飛んで、背後で花や楽器のスタンドが倒れて
最後はナントナク(笑)な演奏になってしまいましたが^^;
新郎の熱唱が全てをカバーしてくれたはずです。

新郎新婦とシャンパン

式の時から涙を流していた新婦さん。
私が守ってあげたくなっちゃうほど(笑)、可愛かった。
幸せになってね!!!

---

今回の二人の出会いは、
実は私の名古屋の常宿夫婦の紹介なのです。
彼らの結婚式の二次会の幹事を今日の二人に頼んで引き合わせたという。
そんなキューピッド夫婦。
その力量を見込まれて、新婦の友人に相手探しを頼まれていました。
お見合い写真もバッチリ撮って、好みチェックもしてた様子^^
また近いところでカップルが誕生しちゃうかも、なんて新しい期待が膨らむ日でもありました。



Posted at 12:19 | ひとりごと | COM(8) | TB(0) |
2008.10.30

ただいま練習中

結婚式での演奏を頼まれました。

お祝いごとで頼まれたら断らない・・・
というのが仲間うちの暗黙のルールなので、引き受けましたが、
横浜で活動していたバンドをやめてから早2年。
楽器に触るのは半年前の友達の結婚式で吹いて以来。

ちょっと、いや、だいぶ不安です。

しかも今回はカラオケのバックなのでキーが変!

練習中

・・・ふぅ。

さ、ボヤくのはこの辺にして練習しましょう。

今回の企画は新郎から新婦へのサプライズ。
新郎が私たちの演奏をバックに、二人の思い出の曲を歌うんです。
新婦がちゃんと泣けるよう、頑張らなくちゃ。



Posted at 14:23 | ひとりごと | COM(10) | TB(0) |
2008.10.29

日本人だっつうの。2

どうも雰囲気が日本人っぽくないらしい私。
詳しくはコチラ → 【日本人だっつうの】

先日、学校のクラスメイトにこんな事を聞かれました。
(もちろん、彼女は私が日本人だということを知っています。)



「ダンナさんは日本人?」







Σ( ̄□ ̄;)//

今度はそう来ましたか。


アメリカ人かフランス人と結婚してるのかと思ったよー。ですって。
なんだ、なんだ、その根拠はなんだ!?



うちのダンナは神社巡りとカレーが大好きなド日本人です。



・・・武勇伝、追加。




Posted at 11:35 | ひとりごと | COM(3) | TB(0) |
2008.10.07

日本人だっつうの。

先日、自転車に乗って信号待ちをしていた時のこと。
隣に立った若い女性と目が合いました。
目が合っただけにしては見つめ合う時間が長かったので(笑)
「どこかで会ったことがある人かな・・・・」と、頭をフル回転させて考えていたら、
彼女が声をかけて来ました。

「ニィハオ」

・・・

中国人だったのかー、と思って
私も「ニィハオ」とお返事。

すると今度は
「你是中国人ma?」(あなたは中国人ですか?)と。

・・・

・・・

??


思わず、「ち、違います・・・」と言ったら、
彼女は「あっ、すみません!」と謝って去っていきました。

こ、これは、中国人と間違えられたってことでしょうか。


実は以前にも中国人と間違えられたことがあります。
大学生の頃、半年間同じゼミで勉強していた中国人留学生に
授業の帰りに突然中国語で声をかけられました。
「・・・えっ!?」と聞き直したら、
「どこ?上海?」って。

出身を聞かれたのでした。
・・・横浜ですけど。(中華街じゃないよ!)

彼は、あーそうでしたか。と言って去って行きましたが、
一緒に受けていたゼミでは私も日本語で発言していたのに。。。
(私の日本語は下手だったっていう説もある^^;)

なんだろうー。
私の顔は中国人っぽいんでしょーか。


そういえば、タイでタイ語の街角アンケートにつかまったことも。

なんだろうー。
タイ人っぽくもあるんでしょーか。


そういえば、大学生のクラスメイトに帰国子女と間違えられたことも。

なんだろうー。
私は日本人っぽくないんでしょーか。


そういえば、中学生の頃、教科書に載っているスペイン人に似ていると言われたことも。

なんなのー。
私は何人なのー。


Posted at 12:21 | ひとりごと | COM(10) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。