--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.10.31

間引きでどこまで食べられる?

ほうれん草の間引きをしました。
が、ものの見事に喰われています。

先日、リーフレタスが成長途中で傷み始めてしまったので、
間引きをしていたら、土の中から小さいムシが慌てて出てきました。
いきなりほじくり返されてビックリしたのでしょう。
これも同じ虫、きっとヨトウムシってヤツの仕業に違いありません。

喰われまくりほうれん草

いつの間にか卵を産みつけられたんですね。
我が家は3階なので、まさかここまで・・・と思っていましたが、
昨日モンシロチョウがヒラヒラとベランダを飛んでいました(泣)

・・・甘かった。
とりあえず、ぬぉーーーっと棒を振り回して撃退。
もう我がベランダで産卵させるものかー!!


間引きしたほうれん草はルッコラとサラダにして食べました。
ほうれん草は柔らかくて、生なのにエグさは全くなし。
ルッコラも辛みはほとんどなく、ほんのりとしたゴマの香りが美味。

ただ、ルッコラにも虫の影がみえるのが心配です。
こうなったら、虫くんより先に人間様が頂いてしまう作戦だわ!

ところで、ルッコラ。
後から生えてきた葉がギザギザして、色も濃くなってきています。

ルッコラ新旧葉

先に生えていた方は葉も丸く、色も薄め。
同じ株から同種とは思えない形の葉が生えてきて戸惑ってます。
まだ食べられるよなぁ?・・・どきどき。
ルッコラってこんなもんでしたっけ?


人参も間引き。
もう人参らしくなってきています!!
カワイーじゃないか!
間引き人参

この人参、食べられるかなぁ?と思って取っておいたのですが、
ダンナは「芽のうちは毒を蓄えている植物もあるから止めておいた方がいい」と。
こんなに非力そうな人参に毒があるわけないじゃない!
↑野生動物だったら真っ先に死んでるな、私(笑)


諦めきれず、調べてみました。
すると、葉の方は食べている方が結構いらっしゃるようでした。
さっそく今晩のつまみにしてみようと思います^^

スポンサーサイト

2008.10.23

さよなら、いちごちゃん・・・

来年の収穫を夢みて植えたイチゴ。
3連休の旅行から帰ってきて数日後、
毎朝ベランダをチェックするダンナが、イチゴがぐったりしてるよ、と。

イチゴに虫がついた20081020

ギャー!!と慌てて見てみたら、葉に穴があいているではないですか。
こりゃ、やられたかな。と葉の裏をチェックしたところ、案の定小さい青虫!
卵らしきものまでありました。

青虫はティッシュでつまみ(泣)、卵もふき取り、数日。
復活を祈ったのですが、ダメでした。枯れてしまいました。

泣く泣く抜いたのですが、
根をみたら順調に成長していることが分かって、更にホロリ。

左) 9月29日               右)10月23日
イチゴの根before12008.jpg   頑張ったイチゴの根2008

もっと早くヤツの存在に気付いてあげられればよかった!
そして、残りの苗のためにも害虫対策&寒冷対策を考えなくては。

さて、他の野菜たちにも
順調とは言えないものがあります。

リーフレタスです。

いくらベビーリーフシリーズといっても、これはベビーすぎ!!

ベビーリーフ20081023

・・・じゃないですか?

種まきから5週間。
始めから斜めに芽を伸ばすなど、怪しい育ち方はしていました。
プランターの場所が悪いのかな、と思って移動させ、
なんとか芽は直立し始めましたが、それでも成長が著しく遅いです。

それにひきかえ、ルッコラは順調、順調♪

ルッコラ20081023

そろそろ収穫もできるかな、といった大きさです。


人参とほうれん草も段々逞しくなってきました。

人参とほうれん草20081023

人参なんて、ちょっと前までは水をやると葉がベチャっと倒れて
土に埋まっていた(笑)のに、最近はそんなこともありません。




2008.10.03

新入り オリーブ&いちご

我が家のベランダに新入りがやって来ました。
まず、イチゴ。

イチゴ植え付け

品種は章姫と紅ほっぺです。
静岡県で開発された品種なので、静岡の気候に合って
育てやすいかな、と思い選びました。

えっと、どっちがどっちだったかな。
・・・紅ほっぺの方が100円高かったんだが・・・

ま、それはまた調べるとして(笑)

今回初めて、永田農法の掟「苗の根を切る」に挑戦しました。

まず苗に付いた土を洗い流します。
(苗が育ってきた土と永田農法の土は性質が違うので)
バケツでジャブジャブしたのですが、もう恐る恐るといった感じ。
根がちぎれてしまいそうで・・・。
買ってきた苗はかなり根が張っていたので、完全には取れませんでした。

そして、根にはさみを入れます。
半分の長さにするのですが、ちょっと残しすぎたでしょうか。
私の小心者っぷりが伺えますね(笑)

イチゴの根bofore イチゴの根after

ふぅー。
無事に根付いてくれますように。


そしてもう一つは、オリーブです。
ダンナがシンボルツリーが欲しい・・・しかも、シマトネリコかオリーブがいい、
と言うので、適当な大きさのものを探していたのです。
大きいものが多く、我が家には置けないなぁ、と思っていたところ、
オリーブの苗を発見!
シンボルツリーと言える大きさになるまで、育てることにしました。

       オリーブ植え付け200810

オリーブは品種によっては、違う品種のものを近くに植えないと
実がならないというものもあるそうなので、品種をお店に問い合わせたのですが、
残念ながら、分かりませんでした。
参考 → 【All About オリーブを育てませんか?】

でも、うちのは1本でも実はなります!とのこと。
ピクルスにして食べたいなぁ。

あ、ダンナが観葉植物用の肥料を蒔いてる!
むー。オリーブは観賞用か食用か。
(固形の化肥料で育てるか、住友液肥で育てるか。)
しばらく夫婦の論争のタネとなりそうです・・・。


2008.09.26

人参の間引き

朝の8時前。
ダンナを送り出してから、洗濯ができあがるまでベランダに出てみました。
この時間の太陽の光は、とても柔らかくて気持ちがいい・・・。

三寸人参たちは本葉が出てきました。
人参の葉らしくギザギザとしていますが、まだまだ初々しい。

人参の本葉

それにしても、私のなんと種まきの下手なこと。
同じ箇所から何本も生えてるよ。
根が張ってお互いに絡み合う前に、急いで間引きっ!


ルッコラも双葉が出てきました。
太陽の方に向かって一斉に、はいバンザイ!

ルッコラの芽

ルッコラが間引くにはまだ早いかな、と思ったのですが、
一本抜いてみてビックリ。

見よ、この根のホールド力!

ルッコラの芽を抜いてみた

こんなに小さいのに根は、がっちりと土を握っています。

ちなみに、永田農法では土は日向土か川砂を推奨しているのですが、
日向土は近所に売っておらず、川砂は重くてベランダには不向きそう・・・
とのことで、ほぼ日にこれらの代用として載っていた赤玉土(小)を使うことにしました。

100%赤玉なのは、このルッコラとバンビーノのみ。
(人参は、夏使用して再生させた普通の土と赤玉のブレンド。)
永田農法の本領発揮の期待を背負ってます。彼ら。


バンビーノも朝日に向かってバンザーイ。

バンビーノの芽


2008.09.18

人参の芽と新たな種まき

三寸人参の芽が出てきました。
種まきから4日。
思っていたよりも早かったです。

細くて繊細そうな双葉。かわいい。
でも寒冷紗を外したら、ここからの水遣りは厳しくなるのです!
土が完全に乾くまで、水をやってはいけません。
永田農法、ビシバシ行くよー!

三寸人参発芽

小さなプランター(これもダンナ手作り)には、ベビーリーフの種を蒔きました。
ルッコラとバンビーノ。
これらは25日で収穫できるようなので、楽しみです。

あ。時期をずらして種を蒔けばよかった。
一気に収穫を迎えたら、毎日サラダ?
って、また期待ばかりが膨らんでるよ、私(笑)。

ルッコラバンビーノ種まき

バジルの鉢にキノコが生えてきました。
つくしみたいなキノコだなぁと思っていたら、翌日笠が開いて、立派なキノコになっていた。

バジルにきのこ

これって、食べられる?(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。