--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.25

ノリタケの森

ジューンブライド@名古屋の次の日。

予約した新幹線まで時間があったので、前の日に友人に教えてもらった
ノリタケの森へ行ってきました。

我が家にもノリタケの食器がいくつかありますが、
名古屋が本社だとは知りませんでした。則武って地名だし!

レンガの建物は1904年に建てられた工場で、
1975年まで実際に使用されていたそうです。
雨が降っていなかったら、もう少し散策したかったなぁ。

ノリタケの森の庭

クラフトセンターでは実際に職人さんが作業されている製造工程を見学することができます。

ところでボーンチャイナというのは、ボーンアッシュ(牛の骨灰)が含まれているのですね。
名前を見ればその通りですが、考えたことがありませんでした。
白磁よりも温かみのある乳白色。あれは骨だったのかぁ。

そして最後は楽しみにしていたお買い物♪
ノリタケの食器はもちろん、キッチングッズのセレクトショップがあるのです。
そして、隣にはアウトレットショップが。
むふふ。
ノリタケすみれ絵アウトレットショップで、母が好きな柄(←)を
 発見したので、電話で確認して
 お皿を3枚(!)お買い上げ♪
 廃盤品だったようです。

 それからダンナが以前から欲しがっていた、
 赤ワイン用の大きめグラスとデカンタ。
 ノリタケの製品ではないし、特に調べて来なかった
 ので、値段の相場もどれくらい安くなっているのかも
 よくわからない・・・。
・・・が、お買い上げ^^;
旅先での買い物ってコワイ!!

さらにセレクトショップで目に付いた、ちょっと変わったガラス皿。
いつ使うの!?って感じなのですが、
「食器はね、出会いを大事にした方がいいんだよ。今度いつ出会うか分からないよ。」
という悪魔 ダンナの言葉に背中を押され、お買い上げ。

アウトレットショップは、商品もどんどん入れ替わるそうですが、
この日はエアラインアイテム(機内食用食器?)や、シンプルな中華料理皿など
業務用っぽい食器も多く目に付きました。
幅広い品揃えなので、掘り出し物を探すのが楽しそうです。

今日は続きアリ・・・↓
ノリタケの森

■ノリタケの森■
住所:愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
TEL:052-561-7290
開館時間:10:00~17:00(クラフトセンター)
       10:00~18:00(物販施設)
休業日:月曜日、年末年始

続きを読む
スポンサーサイト

2008.02.01

東山動植物園

名古屋旅行の続き(最後)デス。

今回、すごい偶然があったのです。

ホテルの予約もせずに来てしまったくせに
(温泉に行くのだから当然そこに泊まるのかと思ったら、日帰り企画だった^^;)
最終の新幹線を逃すまで飲んでいた私たち。

今回来れなかった友人に「今から行っていい~?」なんて冗談でメールを送りつつ、
「さあ、ホテルを探しますか・・・」なんてお店を出たら、ビルの出口でその友人に遭遇。どうやら奥さんと同じバーで飲んでいたらしいのです。

名古屋にバーはたくさんあるだろうに、なんたる偶然!
なんだか大興奮してしまって、そのまま皆で彼らの家で飲み始め、
私たち夫婦はそのまま泊めて頂くことにしてしまいました。

「遊びに来てねー」と言ってはくれていたものの、いきなり夜中にお邪魔して
泊めてもらうことになるとは・・・^^;
友人はもちろん、奥様の心意気に惚れました。


さて、そして帰る前に向かったのは東山動植物園です。
植物園が意外といいんだよ、と言うことだったので、メインは植物園♪
それも温室です。

  温室


ハイビスカスがお出迎えしてくれるほど、中は暖か。
お昼寝しているおじいさんもいました^^;

   ハイビスカス


小1時間かけてゆっくり見学です。

   胡椒の木

  胡椒の木なんて初めて見ました。
  インド原産の常緑のつる性植物なんですって。
  残念ながら実はなっていませんでした。

  果実を未熟なまま乾燥させたものが黒胡椒で
  熟した果実を流水に漬けて果皮を剥いて
  乾燥させたものが白胡椒。

  ふむふむ。



   バニラの木


  バニラの木はラン科だってご存知でしたか?
  葉を見ると確かに!って感じです。

  香りは”バニラ・ビーンズ”ですから種ですよね。
  葉は全く香りがしませんでした。





面白い多肉植物もありました。
    多肉キョウリュウ   タイコウヒデヨシ

左がキョウリュウ(恐竜)。雰囲気わかるような・・・
右はタイコウヒデヨシ。もしや秀吉の兜っ!?さすが愛知。

お庭はゆっくり見て周ったら半日はかかるというのでパスし、
樹快ダー(全長200mのローラー滑り台)をダンナが楽しんで帰ってきました。

植物園なんて久しぶりでしたが、のんびりとした雰囲気で植物に癒され、いいものです。


■東山動植物園■
住所:名古屋市千種区東山元町3-70
TEL:052-782-2111
開園時間:午前9時~午後4時50分
入場料:大人500円(中学生以下無料)



2008.01.31

大須演芸場

名古屋旅行の続きデス。

尾張温泉ですっかり昭和ムードになってしまった一行は、一路大須演芸場へ。
どうやら去年もこのコースだったみたいです^^;

大須観音駅で降り、この辺りは名古屋の下町なんだよー♪なんて説明を受けながら、
とりあえず大須観音でお参り。

    大須観音



そして腹ごしらえするために、寿がきやに連れて行ってもらいました。
この名前、何度名古屋の人の口から聞いたことでしょう!(←オーバー?^^)
名古屋人の駄菓子屋ともファーストフード店とも言える存在だそうで、一度行ってみたかったのです♪

スガキヤのスプーン友人には胡椒を振ることを勧められたのですが、これは流儀なんでしょうか?

そして、このスプーン!
否、ラーメンフォーク。

食べにくっ(笑)
スープ飲みにくっ(笑)

一応割り箸も置いてあるのでよかったのですが、
Wikiによると、2008年夏までに割箸は全廃されるそうです。エコはステキですが、次に行く時はマイ箸持参ですね^^

そんなこんな寄り道をして、やっとこさ演芸場に着いたのですが、なんと演目は残すところあと1つ。寄り道しすぎ・・・。
でも、せっかくなので入ることにしました。

東京で働いている時に、同僚と何度か会社帰りに末廣亭(寄席)へ足を運んだことがあります。
このゆるーい感じ、やっぱり好きだなぁ。

落語を聴いていると意外と集中力が必要なことに気づくのは、
日本語でさえ字幕スーパーが出るTVを、いつもダラっと聴きながら見てるってことかもなぁ。

今度静岡に寄席が来たら行ってみようと思います。


                 大須演芸場


大須演芸場
住所:愛知県名古屋市中区大須
TEL:052-221-1782
開園時間:平日12時開演 2回公演
       土・日・祭 11時開演 3回公演
入場料:一般(20才以上) \1500
     シルバー(65才以上) \1000
     学生(高校生以上) \1000
     小人(小学生以上) \800



2008.01.28

尾張温泉 東海センター

名古屋に住む友人達のお誘いで、尾張温泉に行ってきました。
温泉に入り、まったりと大衆演劇を楽しむという毎年恒例の企画だそうで、私たち夫婦は初参加!

  尾張温泉


こちらの温泉は源泉100%かけ流し(加水、加温、循環していないということだそう)が自慢。
広~い岩風呂にゆったり浸って、かけ流しの贅沢を味わってきました。
無色透明の湯で、非常に温まります^^

温まった後は、温泉以上に(?)楽しみにしていた大衆演劇!

 お座敷



 広~い客席の一角に陣取って




豆腐味噌田楽


売店で注文したビールとお料理をつつきながら鑑賞。


このまったり感といったら!(笑)




殺陣のBGMがパイレーツオブカリビアンだったことに驚いたり(笑)、
子供の粋な司会っぷりにほっこりしたり、
なんだかんだとつっこみながら、楽しんできました。



昭和の香りが色濃く残る、いや、ここだけ時が止まっていたのかもしれない、
と思わせられるこのレトロな温泉。
私たち、来年もまた行っちゃうんだろな^^


尾張温泉 東海センター
住所:愛知県海部郡蟹江町大字西之森字長瀬下
TEL:0567-95-3162
営業時間:昼の部(演芸と温泉) 午前10時~午後3時まで
      夜の部(温泉のみ) 午後3時~午後10時まで
入場料:昼の部(演芸と温泉)2,000円
     夜の部(温泉のみ) 600円




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。